MENU

病院で行うaga治療の方法を紹介してください。

AGA1
aga治療って知ってますか?
男性にとって薄毛の発症はとても悩ましいものです。この原因としては様々なものが挙げられますが、とりわけ頭皮環境の不衛生化、生活習慣の悪化、そしてagaによるものの3つが主流となることで知られています。特にこのところ注目を集めているのがagaで、これは病院で医師の治療を受けることによって改善することができ、それによって一度は失われた頭髪を取り戻すことが出来るのです。
特にM字はげや生え際が後退してきている人に人気なんです。

 

そもそもagaとは精巣で作り出されるテストステロンと呼ばれる男性ホルモンと頭皮にある5αリダクターゼという酵素が反応し合ってDHTという特殊な物質を作り出す症状のこと。頭髪の根本にある毛乳頭がこのDHTを感知するとたちまち反応し、元気に成長していた頭髪が既に成長を終えて退行期へ移行したものと判断して毛細血管から栄養分を補給するのをやめてしまいます。これによって頭髪は栄養不足に陥ってそのまま抜け落ちていってしまうのです。
日本人の特徴として髪の毛に元気が無くなると生え際の髪の毛が抜けるという現象が非常に多いようです。つまりM字はげですね。欧米人がてっぺんやつむじハゲが多いように日本人は生え際、M字ハゲがとっても多いんです。

 

内科や皮膚科、外科、美容クリニック、あるいは薄毛治療専門クリニックではaga治療を行っています。その方法は病院によってバラバラですが、ごく一般的なものとしては飲み薬と塗り薬によるaga治療が挙げられるでしょう。これはフィナステリドという成分を配合したプロペシアなどの飲み薬を処方してもらい、一日一錠ずつ服用することで頭皮にある5αリダクターゼのU型の働きを抑制します。これによって男性ホルモンとの反応でDHTを分泌する分量が減り、その分だけ成長サイクルの乱れが抑制できます。こうやって正常化させることで再び頭髪の育ちゆく土壌が確保できるようになるのです。M字はげはとくに見た目が悪くなります。

 

 

さらにミノキシジルという成分を含んだ塗り薬を頭皮に塗ることで毛細血管を拡張させて栄養分を過不足無く充分に行き渡らせることが可能となります。これもaga治療に大変効果的な方法と言えるでしょう。

 

ここまでは一般的な病院で行われるaga治療ですが、これが美容クリニックや薄毛治療専門クリニックになると更に専門的な治療が行われます。たとえば成長因子や栄養分をカクテル状に混ぜ合わせた液体を頭皮に直接注射することによって刺激を与えて発毛効果を引き出していくという方法もあります。

 

さらにもしもagaが進行して毛包が無くなってしまっている人ならば、再び毛包を取り戻す処置が必要となります。そこで有効なaga治療が植毛治療です。これは健康的な自毛を毛包ごと採取して、それを小さく穴を開けた頭皮に植え込んでいくことによってそれらが定着していくようにケアしていくという方法です。自毛なので遺伝子的にも定着率は高く、よりよい発毛効果が期待できることでしょう。

 

aga治療だけが薄毛対策じゃない!!!

他にもはげには育毛剤や育毛マッサージなどの方法がありますが人によってはこういった方法も十分に効果てきです。
特に育毛剤は薄毛で困っている人が一番使っているアイテムでは無いでしょうか??
aga治療はやっぱり高くてお金が出せない・・・なんて考える人にはこんなサイトも参考になるのでは無いでしょうか?
M字はげ 育毛剤ならチャップアップと紹介しているサイトです。